相談依頼

 この画像は、縄文時代の日本独自の文字だとされる「龍体文字」で「しんり(心理 / 真理)」と書かれています。あなたが、M Teamのセラピー・カウンセリングを通じて、あなたの心理・真理を発見していただけるように縁起をかつぎ、10代の若いアーティストさんに書いてもらいました。

 下記のフォームからお問い合わせいただけますが、いきなりカウンセリング開始というわけではありません。何回かのメールのやりとりで事情をお聞きして、方針を相談、ときに限界設定などをした上でカウンセリングに入ります。

 とりあえず、お気軽にお問い合わせ下さい

 メールアドレスは、M Teamとのやり取り以外では使わない専用のメールアドレスを、フリーメール等で用意することを推奨します。Gmailか、Yahoo Mailをおすすめします。もちろん、当方には守秘義務がありますので、依頼者のメールアドレス等を第三者に開示することはありません。漏洩の可能性はほとんどありませんので、そこまで気にしないという方は、普段お使いのメールアドレスでも大丈夫です。

 ただし、 他の相手とのメールと混同して、誤送信などの危険があるので、やはり、専用のメールアドレスを作成したほうがよいと考えます。 カウンセリングをしていると、転移・逆転移によって、誰と話しているのかが曖昧になり、思わぬ人にカウンセラーと勘違いしてメールをしてしまう人がいます。

 また、M Teamではメールのやりとりの回数に制限はなく、むしろ短文でのチャットのような対話になることが多いです。

 そこで、スピーディーにメールのやり取りをするために、チャット形式のメーラー・ソフト(アプリ)と、上記の専用メールアドレスを連携させることを、おすすめいたします。(絶対ではありません)

 代表的なものとして、以下、紹介いたします。

 Spike

 英語ですが、動作は安定しており、Webクラウド版、Windows版、android版、iOS版がそろっており、もっとも間口が広いです。Gmailは、メールアドレスとパスワードを入れるだけで、簡単に連携します(Yahoo!mailは、日本版と海外版があるようで、うまく連携できないことがあります)。ツイッターのDM画面のようなインターフェイスになります。M Teamのセラピストは、こちらを使用しています。スマホでの導入方法をブログで説明している方がおられます。(ちなみに、クラウド版は導入後も英語です)

Swingmail

 こちらは日本製のソフトで、国内携帯電話会社の各種キャリアメールにも対応しています、もちろん、GmailとYahoo! Mailにも対応します(私が10年以上使っているYahoo! Japanのメールアドレスとも数分で連携しました)。クラウド版、android版、iOS版があります。こちらも簡単に連携できます。こちらは会社のサイトの説明が日本語で、導入がしやすいでしょう。

 Spike mailの方が多機能でレスポンスも良いですが、Swing mailの方が国内産で、日本のメールサービスと相性がよいので、Swing mailをお勧めします。Gmailをメインに使っていて英語に抵抗感がない、ITに強い方は、お好みの方をお選びください。

 LINEやツイッターのDMでのやり取りを希望される方もいますが、アプリケーションを一元化しないとM Team側で対応漏れが発生しやすくなるため、メールのみの対応とさせていただいています。また、データのバックアップが取りやすいという利点もあります。

 なお、M Teamから自動返信があります。迷惑メールに振り分けられることもありますので、ご注意ください。